技術教育創造の世界

-アイディアを形に-

応募の手引き     エネコンポスター

1. コンテストの目的

 日本産業技術教育学会は,ものづくりや情報を含む技術教育に関わる小・中・高等学校・高専・大学等の教員や企業等の関係者から構成され,毎年「エネルギー利用」技術作品コンテスト(略称:エネコン)を主催しております。このコンテストは,児童・生徒のみなさんが技術的な視点を持って自発的に「ものづくり」 に取り組める環境(機会)を提供すること,ならびに技術(ものづくり)教育に関する国民的理解の浸透を図ることを目的としております。具体的には,技術の活用に重要な働きをしているエネルギーを主テーマとして,太陽光,化石燃料,電力などのエネルギー源を用いた作品を,製作目的や機能,製作時に用いた材料や加工法(精度),機構や力学的な知識,創意・工夫などの観点から総合的に評価します。

 エネコンは,これまで20回開催され,多くの優秀な作品を表彰させていただきました(過去のエネコンの情報はこちら)。


2.募集の対象

 小学校,中学校,中等教育学校,高等学校,高等専門学校(3 年生以下)の在学中に,個人または団体で製作し,学校(教師)の確認と推薦を受けた作品を対象とします。小学校,中学校,中等教育学校,高等学校の卒業生(卒業後 1 年以内)または,高等専門学校の 4 年生であっても,平成 30年 3 月までに製作した作品であれば,その後の変更や改良が加えられていないことを学校(教師)が保証したものに限り,応募可能です。


3. 募集期間

 2018年(平成30年)8月20日(月) ~ 9月21日(金) 9月28日(金)

 ※〆切りを1週間延長します(消印有効)。

4. 提出物


4.1 一次審査の提出物

① 応募用紙:指導された(確認した)先生の証明が必要です。

② 説明その1:書式(A4用紙1枚)に従って作成して下さい。作品に利用したエネルギー,製作の動機や使用目的,作品を製作する上で参考にしたもの,創意・工夫したところなどを図やイラストを上手く使って,論理的に分かりやすく説明して下さい。

③ 説明その2:書式(A4用紙1枚)に従って作成して下さい。作品を動かすための操作の手順や効果を図やイラストを上手く使って,論理的に分かりやすく記述し,製作した作品の写真を必ず貼り付けて下さい。



編集用・応募用紙(word)・  印刷用・応募用紙(word) ・  印刷用・応募用紙(pdf)
 ※ダウンロードして適宜お使い下さい。
説明用紙の書き方例(pdf)
 ※記入時の参考にしてください。

4.2 二次審査の提出物

 一次審査の通過者は,作品を動かすための操作の手順や効果を説明した2分以内の映像を制作し,動画ファイルを収録したUSBメモリを送付してください。詳細は以下の説明資料をご覧ください。

・10月31日 (水)を目処に一次審査の結果をメールで各学校のご担当の先生に通知させていただきます。

・一次審査通過者は,11月23日(金)までに以下の事務局まで書類及び動画ファイルの入ったUSBメモリを送付してください。

・二次審査の結果につきましては,12月7日(金)頃を予定しております。
動画ファイル制作の説明(pdf)
応諾書(word)・  応諾書(pdf)・  送付確認書(word)・  送付確認書(pdf) 
 ※ダウンロードして適宜お使い下さい。


4.3 最終審査の提出物

 授賞対象に選定された作品は,展示会場に送付いただきます。作品の応募(差出人払)ならびに返送(受取人払)は応募者の負担となります。作品の大きさ:縦×横×高さのいずれかが1m以上あるいは重さ:25kg以上の場合は,応募者が制作した映像を展示会場で放映します。展示会場にて作品の動作を確認し,賞の最終決定をします。詳細は,対象者に個別連絡をする予定です。


備考:

提出物である②「説明その1」,③「説明その2」および応募者が制作した映像の著作権は日本産業技術教育学会に譲渡頂きます。また,提出物や作品の写真は,ホームページ等の公開や,各種印刷物で使用することがあります。さらに,日本産業技術教育学会などが行う今後の技術教育の普及啓発活動に利用させて頂きます。


5. 審査要領

 日本産業技術教育学会に設置された審査委員会が「審査の基準」に従って審査します。


6.応募に関する情報提供

 本サイトにて

7.応募書類送付先

〒380-8544

長野市西長野6のロ

信州大学教育学部 次世代型学び研究開発センター内 エネコン実行委員会

 ※封筒に「エネコン応募」と朱書きください。

 エネコン21実行委員会事務局 E-mail enecon@jste.jp

 電話 026-238-4175 

 ※お問い合わせは基本E-mailでお願いをします